目指すのは世界一の健康半島

プロジェクトの概要

「ちょうしがよくなるまちちょうし」きらめく健康半島プロジェクトは、
厚生労働省より受託した「実践型地域雇用創造事業」として、
地域の雇用を生みだす実践的な人材教育や商品開発を実施する取り組みです。
食・自然・文化などの銚子の豊かな地域資源が持つ価値を
「健康」というテーマのもとで再創造する研修やセミナーを開催。
観光集客と商品・サービス消費の両面における持続的な成果を目指し、
産業の活性化を通じた雇用創出を図ります。

事業体系

元気を作る、ヒト・モノ・コトづくりの仕組み

銚子市地域雇用創造協議会について

銚子市地域雇用創造協議会は、地域経済の活性化や雇用創出を目的として設立された団体で、厚生労働省の委 託を受けて「実践型地域雇用創造事業」を実施しています。 協議会構成員は、銚子市のほか経済団体、千葉科学大学など10団体で、事業委託期間は平成26年12月1 日から平成29年3月31日までの2年4ヶ月です。

銚子市地域雇用創造協議会の構成団体

銚子市 (http://www.city.choshi.chiba.jp/)
銚子商工会議所 (http://www.cho-cci.or.jp/)
千葉科学大学 (http://www.cis.ac.jp/)
銚子市観光協会 (http://www.choshikanko.com/)
銚子市漁業協同組合 (http://www.choshi-gyokyo.jp/)
ちばみどり農業協同組合 (http://www.ja-chibamidori.or.jp/)
銚子市旅館組合 (http://www.choshi-ryokan.jp/)
銚子民宿組合 (ウェブサイトなし)
銚子信用金庫 (http://www.choshi-shinkin.co.jp/)
銚子商工信用組合 (http://www.choshi-shoko.co.jp/)

実践型地域雇用創造事業について

厚生労働省ホームページ
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000048510.html)